攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

天守の階数の数え方(3重3階と3層3階はちがうのか)

2013年、攻城団をつくってる途中で調べた結果ですが、こういう言葉の使い分けはほんとうにむずかしいですね。 いろいろ検討した結果、攻城団では現代の感覚でも誤解なく伝わるように「5重5階、地下1階」という表記にしました。

新幹線から見える城(オススメ座席)

東海道新幹線から見えるお城とどちら側に座ればいいかをまとめました。だいたいのタイミングも書いたので、お弁当を食べてて気づかないなんてことがないようにしてくださいね。

つながり(文脈)を旅する「コンテクスト・ツーリズム」とは

お城めぐりにかぎらず、特定のテーマでの「つながり」を目的地に旅行することを「コンテクスト・ツーリズム」とぼくらは呼んでいます。攻城団でそれを具体化したものが「バッジ」ですね。

「点」ではなく「線」で捉えると歴史はもっと楽しくなる

歴史の楽しみ方は人それぞれですが、とくにお城の場合、すべてのお城が「同時に」存在していたわけではないので(攻めるため守るため、支配するために城は築かれるので)、その時々の情勢を踏まえて時系列で捉えるとより楽しめると思います!

山頂までエレベーター? 唐津城は模擬天守だけど眺望は最高クラス!

唐津城は「日本三大水城」に加わってもおかしくないくらいのわかりやすい海城です。唐津湾、そして虹の松原まで望める天守からの眺めは最高でしたよ。

石垣の種類(石の加工技術や積み方、外観による分類)

お城の魅力のひとつである石垣の見方をまとめました。 最初はどれも同じに見えたのに、ちょっとずつ知識が身につくと見分けられるようになっていくのが楽しいですね。

こーたさんの「史跡犬山城跡指定記念シンポジウム 〜史跡犬山城跡のこれから〜」参加レポート

団員のこーたさんに「史跡犬山城跡指定記念シンポジウム」の参加レポートを寄稿していただきました。かなり詳細に書いていただいたので、読み応えがあります!

「大奥」を読みました

マンガ「大奥」を読んだことありますか。ドラマで男女逆転のストーリーはご存知の方も多いと思いますが、じつによくできたマンガなのです。

むぎさんの「城がたり」参加レポート

団員のむぎさんに「城がたり〜マンガとトークでわかる丸岡城〜」の参加レポートを寄稿していただきました。参加者目線のレポートは新鮮でいいですね。

日本全国の桜の名所なお城、花見にオススメなお城一覧【2019年版】

桜の名所になっているお城は全国各地にありますが、「日本さくら名所100選」のうち29か所もお城が選ばれているってご存知でした?

いまさらながら「信長の野望・天翔記」をやってみる

1994年12月に発売された「信長の野望・天翔記」はいまでもファンの多いシリーズで、歴代最高と評価する人も多い作品です。

築城の名手(3)黒田官兵衛が築いた城

三大築城名人、最後のひとりは黒田官兵衛です。官兵衛はほかのふたりと比べて(普請ではなく)縄張りを担当することが多いですね。

築城の名手(2)加藤清正が築いた城

築城の名手、石垣づくりの達人として知られる加藤清正がかかわったお城について調べてみました。

築城の名手(1)藤堂高虎が築いた城

「築城の名手」として知られる藤堂高虎がかかわったお城を調べてみました。通なお城もたくさん含まれてるので、ぜんぶまわってみるのも楽しそうですね。

天守の分類(現存天守、復元天守、復興天守、模擬天守の数)

現存天守や復元天守など天守の分類方法と、全国の天守があるお城を一覧にまとめました。

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する