攻城団ブログ

日本の歴史をまるごと楽しむためのブログ

攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

【戦国を彩る名軍師たち】信長に気づいた軍師――朝倉宗滴

朝倉氏を60年にわたって支えつづけたのが朝倉宗滴です。彼がいたからこそ朝倉氏は他国に恐れられる存在になれたのですが、その眼力は織田信長の器量をいち早く見抜いていたともいわれています。

【戦国を彩る名軍師たち】三成に過ぎたるものが二つあり――島清興

「治部少(三成)に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城」と謳われた島左近は「関ヶ原の戦い」で討死したとされますが、生き延びた説もあるようですね。

京都文化博物館の企画展「京の歴史をつなぐ」にいってきました

京都文化博物館で開催されている企画展【ICOM京都大会開催記念】「京の歴史をつなぐ」にいってきました。

京都文化博物館の特別展「百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展」にいってきました

京都文化博物館で開催されている特別展「百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展」にいってきました。

【戦国を彩る名軍師たち】信長に軍師がいた!? 沢彦宗恩

沢彦というと「岐阜」の命名者として知られていますが、「天下布武」というスローガンの発案者でもあります。

【戦国を彩る名軍師たち】東海一の弓取りを育て、支えた軍師・太原雪斎

今川義元、徳川家康という才能を育て、武田信玄、北条氏康という大大名とわたりあい「甲相駿三国同盟」を成立させた太原雪斎はもっともスケールの大きい軍師かもしれませんね。

【戦国を彩る名軍師たち】毛利を背負って立った安国寺恵瓊

毛利氏に仕えた使僧(外交僧)で、その後は豊臣政権の中枢で活躍した安国寺恵瓊を紹介します。

【現在151城!】全国の御城印(お城版の御朱印)を販売しているお城の一覧

全国で御城印や御朱印風の登場記念符を配布(販売)しているお城の一覧です。 (随時更新中です)

【受験にご利益あり?】全国にある「落ちない城」一覧

受験やビジネスにご利益がある……かもしれない、全国にある「落ちない城」を調べてみました。お守りや御城印があるお城も多いので必勝祈願いいかがでしょう。

【戦国を彩る名軍師たち】占いで活躍した軍師? 閑室元佶

「関ヶ原の戦い」の際、徳川家康の陣中に随行して合戦日時の吉凶を占った、閑室元佶というお坊さんも立派な軍師なのです。

【戦国を彩る名軍師たち】秘伝を焼いてしまった軍配者・角隈石宗

大友宗麟に仕えた、知る人ぞ知る名軍師、角隈石宗をご紹介します。

【戦国を彩る名軍師たち】実は外交・交渉で活躍した蜂須賀正勝

蜂須賀小六というとなんとなく毛むくじゃらで大柄なおじさんのイメージがありますが、調略などを担当する外交官としてかなり優秀だったようですね。

【戦国武将の御朱印集め】山中鹿之介のお墓がある本満寺の御朱印をいただいてきました(京都・日蓮宗)

織田信長が眠る阿弥陀寺から約300m、同じ寺町通にある本満寺の御朱印をいただいてきました。

【戦国を彩る名軍師たち】本多正信と徳川家康の「水魚」関係

徳川家康と本多正信の関係はまさに「水魚の交わり」といった感じですね。「真田丸」のシーンが浮かびます。

【戦国を彩る名軍師たち】独眼龍に助言を与え続けた片倉景綱

伊達政宗の右腕、片倉小十郎の通称で知られる片倉景綱がいなければ政宗の躍進はなかったでしょうね。

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する