攻城団ブログ

日本の歴史をまるごと楽しむためのブログ

攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

琉球も、蝦夷も、まだ激動の渦の外にあった……

歴史はどこか一か所だけで進行するものではなく、各地で同時に起こり、また相互に影響を与え合うものであることがこの連載を通じてわかったと思います。最終回となる今回は当時まだ日本の外にあった琉球と蝦夷地についてのぞいてみましょう。

23.天守の階段

天守の急階段というと丸岡城(62度)を思い浮かべる人も多いと思いますが、じっさいには松本城や彦根城もほぼ同じ(61度)だそうですね。身長の高いぼくは頭をぶつけないように上り下りするのが大変です。

岩村城 女城主が支えた城

岩村城といえば女城主・おつやの方ですが、彼女は織田信長の叔母にあたるものの年齢は信長のほうが10歳年上だったようです。敵将・秋山虎繁との結婚はユニークなエピソードとしてよくクイズにもなりますね。

22.鯱(しゃち・しゃちほこ)

今回は天守の屋根をかざる鯱についての解説です。火除けのために置かれてるのは知ってましたが、鯱の頭が虎というのは知りませんでした。

佐賀城 平和に主が変わった城

佐賀城は龍造寺氏、そして鍋島氏の居城です。もともと龍造寺氏の家臣であった鍋島氏が城主に取って代わったわけですが、単によくある下剋上ではなく、両者はもう少し複雑な関係となっています。

21.廻縁(まわりえん)と高欄(こうらん)

今回は古風な天守らしさを象徴する廻縁と高欄についての解説です。松本城は雪が多いため、当初廻縁として造った廊下を屋内に設計変更したという話を聞いたことがありますが、姫路城はなぜでしょうね。

攻城団特製のワイド御城印帳をプレゼントします!

現在予約を受け付けているワイド御城印帳をプレゼントします。すでに完売してしまった、くまモン(黒)および和紙表紙バージョンをゲットするチャンスですので奮ってご応募ください!

土佐の風雲児、長宗我部国親が活躍した時期はちょうど「麒麟がくる」前半と重なる!

近年「本能寺の変」の原因のひとつとして挙げられることの多い「四国政策説」ですが、長宗我部元親と織田信長のパイプ役を担っていたのが明智光秀で、信長の方針転換により面目を失ったため(また出世争いから脱落したと自覚したため)謀反を起こしたとされ…

20.懸魚(げぎょ)と蟇股(かえるまた)

今回は天守を装飾する懸魚や蟇股についての解説です。懸魚が火除けのまじないの意味があることは知っていましたが、梅鉢懸魚や蕪懸魚などいろんな種類があるんですね。

八王子城 戦国の終わりを告げた城

八王子城は北条氏康の三男である氏照によって築かれた城ですが、関東の城でありながら石垣も多く見られる巨大な山城です。城域があまりに広大であったため、未完成だった可能性もあるとか。

19.天守の破風の構造

今回は天守にある破風の構造についての解説です。個々の名称をおぼえるだけじゃなく、たとえば寺社建築にも見られる懸魚は鯱と同様に火除けのまじないとした装飾であるとか、意匠の由来も知るとより楽しくなります。

小谷城 浅井三姉妹が父と暮らした城

城址はどこも哀愁を感じさせますが、なかでも小谷城は格別です。自害した浅井長政だけでなく、生き延びたお市の方と三姉妹のその後の運命があまりにドラマティックだからでしょうか。

18.天守にある4種類の破風(はふ)

今回は天守にある4種類の破風についての解説です。唐破風はその見た目が特徴的なのですぐにわかるのですが、入母屋破風と千鳥破風はけっこうまちがえやすいですね。

武将印集めの魅力について、takubomayさんに聞いてみました

全国の武将印リストの作成にご協力いただいた、takubomayさんに武将印コレクターとなった経緯などについてインタビューさせていただきました。

「麒麟がくる」物語序盤、中国地方は不穏な気配が高まりつつあった

明智光秀といえば謀反、そして下剋上ですが、「本能寺の変」よりも30年ほど前に起きたのが「大寧寺の変」と呼ばれる陶晴賢による謀反です。その後、晴賢は毛利元就に討たれるのですが、下剋上はなかなかむずかしいですね。

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する