攻城団ブログ

日本の歴史をまるごと楽しむためのブログ

攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

御土居に登れる場所があるなんて知らなかった

かつて秀吉が築いた御土居はいまでも京都市内に部分的に残っていますが、鷹ヶ峰の御土居は誰でもフェンスの中を見学することができるんです。

17.天守の屋根の素材

今回は天守の屋根に使われていた素材についての解説です。多くの天守はいわゆる瓦ですが、なかには銅板などの金属を使ったものや、石を使ったものもありました。こうした素材のちがいによって天守の見た目に個性が生まれるわけですね。

京都文化博物館の総合展「明智光秀と戦国京都」にいってきました

京都文化博物館で開催されている総合展「明智光秀と戦国京都」を見に行ってきました。

長谷堂城 最上氏を守った堅牢な城

「関ヶ原の戦い」の際は「九州の関ヶ原」や「東北の関ヶ原」など全国各地で家康陣営と三成陣営が戦っていましたが、この長谷堂城を巡る攻防が「東北の関ヶ原」と呼ばれています。

16.天守の屋根の形式

今回は天守の屋根についての解説です。姫路城や名古屋城の天守を見ると屋根の構造が複雑になってると思いますが、入母屋造や切妻造はそのまま入母屋破風、切妻破風と破風の名称にもなってますね。

七尾城 上杉謙信の猛攻に耐えた城

七尾城は訪問した人の満足度が高い名城ですが、上杉謙信を撃退し、のちに攻め落とされたという歴史がその価値をさらに高めている気がします。

15.天守の出窓

今回は天守にある出窓についての解説です。現代建築では出窓は採光目的や部屋を広くするためにつけられることが多いようです。ネコも喜びます。

斎藤道三と高政の関係が怪しくなっていた頃、信濃は武田信玄の手に落ちようとしていた

明智光秀が斎藤家に仕えていた頃、美濃から東にある信濃・甲斐では武田信玄の勢力が拡大しつつありました。信玄が越後の上杉謙信と戦った「川中島の戦い」のうち山本勘助らが討死したのは四度目(=永禄4年)で、これは「桶狭間の戦い(永禄3年)」の翌年に…

【プレゼントあり】「名城の石垣図鑑」のご紹介

二見書房から発売された「名城の石垣図鑑」を5名の方にプレゼントします!

14.天守の窓の種類

今回は天守を装飾する窓についての解説です。華頭窓は知ってましたが、連子窓というのは知りませんでした。

鉢形城 復讐のために造られた城

鉢形城というと北条氏邦が城主のイメージが強いですが、それより前に長尾景春がこの城を拠点に太田道灌と戦っています。

小諸城 織田家の凋落を見ていた城

小諸城は「天正壬午の乱」の幕開けともなった城です。北条家に敗れた関東御取次役・滝川一益がこの城から伊勢に逃げ帰ったため、支配者不在となり、徳川家や真田家を巻き込んだ争乱がはじまりました。

13.天守の外壁と意匠

今回は天守の外壁の意匠についての解説です。金沢城のなまこ壁は有名ですが、城郭だけじゃなく街中でも目にすることがありますね。

攻城団でお城めぐりの傾向を可視化してみる

攻城団に登録して、訪問記録を残していくと、あなたのお城めぐりの傾向を自撮集計&分析してくれますよ。

12.壁の種類

今回は天守の色のちがいを決めることになる外壁についての解説です。よく豊臣系=黒、徳川系=白といわれますが、これはまちがいで名護屋城や聚楽第など秀吉自身も白い天守を築いています。

斎藤道三と高政の親子がギスギスしていた頃、関東では北条家が圧倒的優位に立っていた

明智光秀が主君・斎藤道三と学友・高政の間で板挟みになっていた頃、関東地方では北条氏の勢力が一気に拡大しようとしていました。

11.石落とし

今回は天守や櫓によく見られる防御施設である石落としについての解説です。天守によっては下をのぞけるようになっていて、つい見上げてる人と目があったりしますよね。

10.櫓の名称と方位

今回はお城の防御施設の中でも欠かせない櫓の名称についての解説です。その多くは場所(方位)に応じて名前がつけられていました。

【全国の武将印リストつき】御城印に続け! 2020年は武将印の年になるのか?

みなさんは「武将印」というのが出てきているのをご存知ですか? 簡単にいうと御城印の武将版なのですが(御城印も御朱印のお城版といわれるのでややこしいですが)、話を伺ってみるとどうやらそれだけではないようです。

9.狭間(さま)

今回は意外と愛好家の多そうな狭間(さま)についての解説です。○△□と壁に並んでるのを見ると戦闘用の設備なのにかわいらしさを感じますよね。

明智光秀が京都から東海各地をウロウロしていた頃、東北では内戦が終わろうとしていた

明智光秀が美濃にいた頃、東北地方では伊達家の内乱がちょうど収束した頃でした。

『サライ』付録の首里城のペーパークラフトがガチすぎる

『サライ』7月号の付録についてる首里城正殿のペーパークラフトがすごいそうです。

8.天守の壁の構造

今回は天守の壁についての解説です。白い天守や黒い天守の色を決める白漆喰や黒漆は防火目的の技術です。

7.柱、梁、桁(はしら、はり、けた)

今回は地味だけど、天守を支える上で重要な柱や梁についての解説です。むき出しの梁を見ると木造建築物としての天守のすごさを実感しますよね。

6.礎石と土台

今回は城郭建造物を支える「礎石」についての解説です。安土城の礎石はきれいに残っていますね。

5.天守の重と階

今回は天守の階数の数え方についての解説です。よくいわれる「5重6階」というやつですね。

【現在362城!】全国の御城印(お城版の御朱印)を販売しているお城の一覧

全国で御城印や御朱印風の登場記念符を配布(販売)しているお城の一覧です。随時更新中で御城印情報がどこよりも詳しくまとまっています。

4.天守の四つの形式 = 複合式、連結式、連立式、独立式

今回は天守の4つの形式についての解説です。櫓がいくつ、どのように付属しているかで呼び名が変わります。

明智光秀と織田信忠ーーあるいは二条御所篭城戦の謎

「本能寺の変」で織田信長が討たれたとき、すでに織田家の家督は嫡男の信忠(幼名「奇妙丸」)に譲られていました。この変わった名前も謎ですが、なぜ明智光秀は本能寺と同時に信忠がいた妙覚寺を包囲しなかったのかがわからないんですよね。謀反の計画とし…

3.望楼型天守(ぼうろうがたてんしゅ)と層塔型天守(そうとうがた天守)

今回は天守の構造のちがいを示す「望楼型天守」と「層塔型天守」についての解説です。ぼくもいまだにまちがえます。

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する