攻城団ブログ

日本の歴史をまるごと楽しむためのブログ

攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

思ったこと

攻城団でお城めぐりの傾向を可視化してみる

攻城団に登録して、訪問記録を残していくと、あなたのお城めぐりの傾向を自撮集計&分析してくれますよ。

江戸時代をデータベース化する

江戸時代に存在した藩と、それぞれの歴代藩主について、ぱっと見ただけで全体を把握できるようなデータをつくっています。

攻城団の原点

部屋を片付けていたら、はじめて友だちとお城めぐりの旅に出たときのアイテムが発掘されました。

つながり(文脈)を旅する「コンテクスト・ツーリズム」とは

お城めぐりにかぎらず、特定のテーマでの「つながり」を目的地に旅行することを「コンテクスト・ツーリズム」とぼくらは呼んでいます。攻城団でそれを具体化したものが「バッジ」ですね。

「点」ではなく「線」で捉えると歴史はもっと楽しくなる

歴史の楽しみ方は人それぞれですが、とくにお城の場合、すべてのお城が「同時に」存在していたわけではないので(攻めるため守るため、支配するために城は築かれるので)、その時々の情勢を踏まえて時系列で捉えるとより楽しめると思います!

「お屋形様」の定義についてのやり取りに感動した話

漫画家のゆうきまさみ先生と、ブログ「戦国ちょっといい話・悪い話まとめ」の管理人さんのやり取りを見て、ただおふたりをフォローしてるだけなのになんだかとても感動したのでおすそ分け(?)。

毛利家で毎年正月に「今年は倒幕する?しない?」のやり取りがおこなわれていた件

たしかに気になったのでメモ&シェア。森瀬繚さんがツイッターに投稿されていたこの件です。 毛利といえば「毎年元日、藩主が近臣に幕府との開戦を問う秘密の儀式があった」との巷説が有名ですが、出典はたぶん井野辺茂雄『幕末史の研究』(1927年、雄山閣)…

たった150年前のことなのに

今日クリップしたこのニュース。 news.kojodan.jp 記事の中で、個人的に興味深いのがこの部分です。 また他の深さ約30センチの付近から、瓦の破片が多数見つかった。1872(明治5)年ごろの古写真に長塀が写っていないことから、塀はそのころまでにい…

お城に詳しくなくてもいいんです

攻城団はお城めぐり「初心者」のためのサービスなので恐縮も遠慮も不要です。むしろこれからいろんなことを知る楽しみが待ってるわけで、ワクワクしながら攻城団を活用してください!

秀吉と家康と政宗の年齢差

秀吉=長嶋茂雄としたときに、家康=王貞治で、伊達政宗は清原和博になると。このたとえは3人の世代差を説明するのにわかりやすい。

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する