攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

榎本秋の「クーデターで読み解く日本史」

【クーデターで読み解く日本史】北条義時を謀殺!? 後妻の壮大な野望――伊賀氏の変

権力者が亡くなると争乱が起こるのは世の常ですが、北条義時の死後に起きたのが伊賀氏の変です。 今回も北条政子が未然に防いでいるのですが、彼女の危機察知能力と対応能力の見事さが伺えますね。

【クーデターで読み解く日本史】朝廷と幕府の力関係を決定づけた戦い――承久の乱

後鳥羽上皇が鎌倉幕府執権の北条義時を討伐するために起こしたのが承久の乱です。幕府内の内部分裂を図った上皇に対して、北条政子が武士の立場を向上させた頼朝の恩顧を訴え、ひとつにまとめた演説が有名ですね。

【クーデターで読み解く日本史】勝敗を分けたの二枚舌――和田合戦

泉親衡の乱で和田義盛の甥である胤長は配流となり、屋敷も没収となります。面目を失った義盛は同族の三浦義村らと挙兵するも義村の裏切りにあい敗れます。 なぜこれが「和田義盛の乱」ではなく「和田合戦」と呼ばれているのかはよくわかりません。

【クーデターで読み解く日本史】有力御家人の失態につけこんだ北条氏――泉親衡の乱

北条氏に対しての不満が表出したひとつの事件が泉親衡の乱です。 御家人とはいえさほど有力者ではない親衡が鎌倉で300人以上の武士を集めたことを考えると、和田一族が黒幕ではないかとする説もあるそうです。

【クーデターで読み解く日本史】父と娘が天下をかけて知恵くらべ――牧氏事件

梶原氏、比企氏を滅ぼして幕府の実権を握った北条氏でしたが、今度は内部での争いが起こります。親子での対決を制したのは娘・政子と息子・義時でした。 北条政子を三大悪女に数える説もありますが、どう考えても牧の方のほうが悪女ですよね。

【クーデターで読み解く日本史】逆らう者は将軍でも間答無用――比企能員の変

北条氏による執権政治のはじまりとなるのがこの比企能員の変です。将軍の後継者争いであると同時に、その後見の座をめぐる北条氏と比企氏の争いでもありました。

【クーデターで読み解く日本史】寵臣も後ろ盾を失えば孤立無援――梶原景時の変

鎌倉時代の初期には多くの粛清(実態は政争と謀殺)が繰り返されますが、最初に起きたのが梶原景時の変です。 頼朝の側近だった景時の評判が悪すぎたことも問題だったのでしょう。

【クーデターで読み解く日本史】源平合戦の背後で蠢く地方武士の思惑とは?――治承・寿永の乱

平氏から源氏へと政権が移動したのが治承・寿永の乱です。一般には「源平の戦い」と呼ばれますが、正確には平清盛ら伊勢平氏に対する、その他の平氏や源氏の連合軍の争いでした。 結末は周知のとおりですが、清盛の死、戦争の天才・源義経の存在がなければ歴…

【クーデターで読み解く日本史】「おごれる平氏」の謀略だったのか?――鹿ヶ谷の陰謀

後白河上皇との対立が徐々に深まる中で起きたのが鹿ヶ谷の陰謀でした。 平氏打倒のための密談がおこなわれたということですが、近年はこの事件そのものが清盛によるでっち上げだったとする説もあるそうです。

【クーデターで読み解く日本史】冷静沈着な清盛と嫉妬に狂った義朝の明暗――平治の乱

平氏と源氏、武士中心の世の中をつくったふたつの勢力が争ったのが平治の乱です。直前に起きた保元の乱後の体制に対する不満が派閥抗争に発展したわけですが、勝ったのは平清盛であり、源義朝は敗れて命を落とします。

【クーデターで読み解く日本史】武士が歴史の表舞台で力を握った戦い――保元の乱

貴族の時代から武士の時代への転換点といえるのがこの保元の乱です。武士がいなければ政治闘争に勝てないという事実とそれに伴う混乱はこのあともつづいていきます。

【クーデターで読み解く日本史】奥州藤原氏と「武門の棟梁」の誕生――後三年の役

前九年の役につづいて起きたのが後三年の役です。奥州藤原氏の祖、藤原清衡が一族の後継者になった争いですが、同時に関東における源氏の名声が大きく高まった事件でもあります。

【クーデターで読み解く日本史】源氏活躍の陰で力をつけた勢力とは?――前九年の役

桓武天皇の時代におこなわれた蝦夷征討のあと、大和に帰順した安倍氏らが東北を治めていました。しかしその勢力が拡大しすぎたたために滅亡させられることになったのが前九年の役です。

【クーデターで読み解く日本史】源氏が東国に基盤を築いた事件――平忠常の乱

もともと平氏の勢力が強かった関東において、源氏が力を伸ばしていくきっかけとなったのが平忠常の乱でした。 忠常を討伐した源頼信は河内源氏の祖で、源氏による東国支配の礎を築きました。

【クーデターで読み解く日本史】政敵失脚を狙った藤原摂関家の陰謀――安和の変

藤原摂関家がライバルを蹴落とすために最後に仕掛けた陰謀といえるのが、この「安和の変」です。もっともこのあとは藤原家内部の争いにシフトしていくのですが。

【クーデターで読み解く日本史】天下を揺るがした武士の反乱――承平・天慶の乱

平将門・藤原純友がそれぞれ東と西で起こした反乱を承平・天慶の乱と呼びます。彼らは敗れ去ったものの、武士の力を貴族たちに知らしめる結果となりました。

【クーデターで読み解く日本史】希代の出世頭・藤原良房の真骨頂――応天門の変

承和の変で権力を握ることになった藤原良房に対抗しようとした伴善男が失脚することになったのが応天門の変です。 なお現在、平安神宮にある応天門は平安京の応天門を縮小復元したものだそうです。

【クーデターで読み解く日本史】摂関政治誕生のきっかけ――承和の変

天皇に代わって摂政や関白が政治を代行することを摂関政治と呼びますが、その誕生のきっかけとされるのが藤原良房が台頭した承和の変です。

【クーデターで読み解く日本史】悪女に惑わされた兄に反発した弟の戦い――薬子の変

昼ドラに出てきそうなドロドロとした愛憎模様なのですが、権力と男女の仲がからみあうと悲劇しか生まないですね。

【クーデターで読み解く日本史】神の言葉にすがった皇位簒奪の陰謀――宇佐八幡宮神託事件

日本史上における最大級のクーデターがこの道教による皇位簒奪事件でしょう。 和気清麻呂らによって防がれたものの、清麻呂は穢麻呂と名前を変えさせられるなどの仕打ちを受けました。

【クーデターで読み解く日本史】男女関係の悪化がクーデターに発展した男の悲哀――藤原仲麻呂の乱(恵美押勝の乱)

孝謙上皇の寵愛を受けていた藤原仲麻呂でしたが、その座を道教に奪われるとやがて対立し、武装蜂起にいたります。しかし上皇方に敗れ、道鏡の権勢は不可侵なものとなります。

【クーデターで読み解く日本史】勧誘が密告を呼ぶジレンマ――橘奈良麻呂の乱

非常に優秀だったこともあり、光明皇太后と孝謙天皇の時代に絶大な権力を誇ったのが藤原仲麻呂です。この状況に反乱を起こしたのが橘諸兄の子・橘奈良麻呂となります。

【クーデターで読み解く日本史】藤原氏のはみ出し者が起こした悪あがき――藤原広嗣の乱

物事には原因と結果があるわけですが、東大寺の大仏がつくられた背景も、もとを辿れば藤原広嗣の乱の影響かもしれません。

【クーデターで読み解く日本史】藤原氏隆盛の礎となったクーデター――長屋王の変

異例の出世をとげた左大臣・長屋王は藤原武智麻呂ら四兄弟の画策により自害に追い込まれました。長屋王夫妻の墓は平群町にあります。

【クーデターで読み解く日本史】叔父 vs 甥の裏に隠された敗者の思惑――壬申の乱

クーデターにより支配体制が一新されると今度は勝者側での争いが起こり、劣勢な側が旧勢力と結びつくというのはある種のパターンですね。 中大兄皇子=天智天皇、大海人皇子=天武天皇、と即位前後の名前がなかなか一致しないのでこの機会にしっかり記憶して…

【クーデターで読み解く日本史】中央集権のカタチをめぐる争い――乙巳の変

昔の教科書では「大化の改新」として習った方も多いと思いますが、この改革の端緒となった蘇我氏打倒のクーデターを「乙巳の変」と呼んでいます。

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する