攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

榎本秋の「殿様の左遷栄転物語」

この連載は『殿様の左遷栄転物語』(朝日新書)をベースに、ウェブ連載用に一部修正したものです。

人事――それは組織人にとって、永遠の関心事に他なりません。
組織の構成員の立場から考えましても、どんな地位につけられるか、どんな待遇を与えられるかは組織人としての将来が決まる大問題です。また、功績に対してふさわしい人事がなければ仕事へのモチベーションを維持するのも難しく、これは組織の側の視点から見ても望ましいものではありません。作業効率がどうしても下がってしまいますからね。

にもかかわらず、しばしば人事は本人の能力や積み上げてきた成果とは別の要素で決まりがちです。たとえば、内部の派閥闘争や外部の組織との関係や圧力によって左右されることが珍しくないのです。
しかし、原因が自分にあるにせよ、ほかにあるにせよ、リストラ――日本的な「首切り」の意味ではなく、本来のリストラクチャー、「再構築」の意味――の嵐が巻き起こった際に、ただ天命を待つようではいけません。それまでに構築していたコネクションを駆使し、新しいつながりを求め、上位者に好かれそうな要素を用意し、逆に目をつけられそうな悪い要素はなるべく切り捨てて(これがまた新しい被害者を生んだりもするわけですが)、涙ぐましいまでの生き残り運動を展開しなければなりません。

その姿を特に明確な形で見せてくれるのが、江戸時代の大名たちです。特に関ヶ原の戦いによる豊臣政権の実質的な消滅と徳川家による江戸幕府の誕生――天下人の交代を受けて到来した「人事異動の大波」は、さまざまな場所で大小の悲喜劇を生み出しました。
この未曾有の事態に対して、如何に生き残るか? それは非常に魅力的なドラマにほかならないし、また現代社会に生きて人事に悩まされる私たちにとっても、重大なヒントに満ちているのです。もちろん、江戸時代初期の激動を乗り越えた後も、人事にまつわる興味深いエピソードは多数存在します。そこで本連載では、そのうちいくつかのポイントに注目しつつ、「如何に生き残るか」というテーマに迫っていくことを目的としています。

といっても漫然と紹介するだけでは面白くなりませんので、5つのポイントに基づいて章分けをしました。
第1章では、天下分け目の戦いである関ヶ原の戦い――の、「その後」のドラマを紹介します。あるいは西軍につき、あるいはどちらにもつかず戦いを傍観した結果、多くの戦国大名が改易の憂き目にあいました。しかし、それはすべての終わりを意味するわけではありません。お家再興のために、彼らの「もうひとつの関ヶ原」が始まります。彼らの最大の武器は槍でも弓でも鉄砲でもなく、「コネクション」でありました……。

第2章では、江戸時代初期を中心に、改易されてしまった大名たちそれぞれの事情と再興運動、そしてその後の姿について紹介します。関ヶ原後に多くの大名が再興を遂げたように、改易は必ずしも完全なお家断絶を意味するわけではありません。それまでと同じような形で復活するのはさすがに無理でも、小大名として、旗本として、どこかの藩士として、血筋をつなげた例は決して珍しくないのです。彼らの涙ぐましいまでの努力と、「そもそもなんで改易になったのか?」を追いかけていきます。

第3章では、家を継ぐはずだったのに諸事情によって廃嫡されてしまった跡継ぎをフィーチャーします。特に江戸時代初期、豊臣政権から徳川政権へ天下がシフトするにあたって、少なくない数の跡継ぎが「豊臣政権と関係がある」、そして「幕府に危険視される恐れがある」という理由で廃嫡されてしまいました。彼らがそれぞれにたどった運命もまた、魅力的な人間ドラマなのです。

第4章では、「付家老」たちの事情を追いかけていきます。本家から分かれた分家大名、特に御三家に象徴されるような徳川一族の親藩大名には、「付家老」と呼ばれる上級家臣がいて、藩政に大きな影響力を持っていました。しかし、彼らはもともと本家=徳川家の家臣であり、つまり直臣(1万石以上の直臣を大名、それ未満で将軍と直接会う資格のあるものを旗本、その資格のないものを御家人という)だったのに、付家老になったせいで「陪臣」という一段落ちる存在になってしまったわけです。もちろん、そこには彼らそれぞれの思いがあり、ドラマを生み出すことになりました。

第5章では、その陪臣という身分から直臣に成り上がり、幕政にまで関与するようになった成功者たちに迫っていきます。彼らは「地方から(とはいっても、実際にはもともと江戸にいたりもするのだが)やってきた将軍」に付き従う形で直臣となり、出世を遂げていった人々です。成功するとそれに付随するさまざまな問題も生まれてくるのですが……。

以上の5つのテーマにおいて、それぞれの形での「大名の人事」を見ていきます。ぜひお楽しみください。

【殿様の左遷栄転物語】計算かそれとも私怨の廃嫡か 細川忠隆

熊本藩主となった細川家も忠興の跡を継いだのは三男の忠利でした。長男と次男が存命だったにもかかわらず三男に継がせた背景にはいくつかの理由があるようです。

【殿様の左遷栄転物語】「神君の婿」 池田輝政の子供たち

池田家については江戸時代を通じて岡山藩・鳥取藩というふたつの大藩を受け継ぐことになるのですが、藩主が幼かったからとはいえ途中で入れ替えている点がおもしろいですね。

【殿様の左遷栄転物語】二重に抱えた複雑な事情 佐賀藩鍋島家

大名としての鍋島家はかつての主君でもある龍造寺家との微妙なバランスの上に成り立っていましたが、その鍋島家の中でも江戸幕府に配慮した跡継ぎ選びがおこなわれていたようです。

【殿様の左遷栄転物語】伊達政宗の長男が設立 宇和島藩伊達家

伊達秀宗は政宗の長男であったものの、母が側室であったことと豊臣家との距離の近さから仙台藩を継ぐことはかなわず、宇和島藩主となりました。 ちなみに秀宗の母、猫御前の名は史実にはなく山岡荘八さんの創作のようですね。

【殿様の左遷栄転物語】第3章 廃嫡される跡継ぎ 派閥争いのとばっちり左遷

「跡継ぎ」は戦国時代、江戸時代を通じて大名家の頭をもっとも悩ませた課題といえるかもしれません。その点では江戸幕府が「長幼の序」を基本ルールに置いたことは良かったのですが、長男が凡庸だった場合はトラブルの火種にもなるわけで……。

【殿様の左遷栄転物語】2章まとめ それまでの蓄積があってこその再興

改易されても終わりではない、それは現代に置き換えれば会社が倒産しても復活の可能性があるということです。 ただ復活した大名を分析してみると、やはり過去に積み重ねてきた実績や名声があってのことですね。

【殿様の左遷栄転物語】返り咲きを期待して決断 柳生宗矩

「柳生新陰流」で知られる剣豪・柳生宗矩は家康・秀忠・家光の三代に仕え、大和柳生藩をおさめる大名にまで出世を果たしましたが、その子には継がせませんでした。家を残すためにあえて旗本に落としたのだとすればさすがの慧眼ですね。

【殿様の左遷栄転物語】「忠臣蔵」が同情を呼んで再興 赤穂藩浅野家

「忠臣蔵」で知られる赤穂事件で吉良上野介を斬りつけた浅野内匠頭は赤穂藩主だったので、そのまま切腹・改易となります。しかし物語はそこで終わらず、有名な討ち入り、そして赤穂藩浅野家はのちに500石ながら再興を果たしているのです。

【殿様の左遷栄転物語】再興運動が展開された 徳山藩毛利家

兄弟の結束で戦国時代を生き抜いたことで知られる毛利家ですが、江戸時代には兄弟仲が悪いために改易にまで発展してしまいます。改易となった徳山藩はその後復活するのですが、藩士の再興運動がおもしろいです。

【殿様の左遷栄転物語】藩主の乱心で改易 津山藩森家

森長可や森蘭丸の弟、森忠政(六男)が江戸時代に津山藩主となっているのですが、藩主一族の健康状態が悪いと必ずトラブルになりますね。いまも昔も健康第一です。

【殿様の左遷栄転物語】政争で潰された大名② 宇都宮藩本多家

因果応報というべきか、大久保家を追いやった本多家も正信の子の正純の代に改易となります。 「宇都宮釣天井物語」は事実無根で完全なフィクションなのですが、こうした俗説が広まり、語り継がれてしまったことも残念ですね。

【殿様の左遷栄転物語】政争で潰された大名① 小田原藩大久保家

小田原藩主をつとめた大久保家は譜代大名の中でも重要な位置にありましたが、大久保忠隣が本多正信との政争にやぶれて改易となります。しかし大久保家は全国を流転しながら小田原藩に帰ってくるのが見事です。

【殿様の左遷栄転物語】名将の息子の愚かさが潰した 会津藩加藤家

改易となったもうひとつの加藤家が会津藩加藤家です。蒲生家のあとに会津を任されたことからも加藤嘉明がいかに幕府から信頼されていたかがわかるのですが(藤堂高虎の推薦もあったとか)、息子の明成の代に失敗するのですが、なんとか存続するんですよね。

【殿様の左遷栄転物語】死後に仕掛けられた罠 加藤清正

家康の養女を継室として娶るなど早くから徳川方についていた加藤清正でしたが、やはり秀吉子飼いの武将ということで幕府から警戒されました。じっさいには清正の死後、息子の忠広の代に改易されるのですが、この経緯もかなり理不尽なものとなっています。

【殿様の左遷栄転物語】幕府に警戒され続けた男 福島正則

「七本槍」の筆頭であった福島正則は家康からもっとも警戒された大名だったのかもしれません。西国大名のパイプ役として重要な役割を担っていたこともあり、福島家は言いがかりのような理由で改易となります。

【殿様の左遷栄転物語】第2章 目指せ「お家再興」 失職したけど地位を回復

第2章では福島正則や加藤清正など豊臣系の外様大名をはじめ、江戸時代初期に改易となり、しかしなんとか再興を成し遂げた大名たちを紹介します。

【殿様の左遷栄転物語】第1章まとめ コネクションこそがカギ

第1章のまとめです。改易されてそのまま消えてしまった大名と、見事に復帰した大名たちとのちがいはどこにあったと思いますか?

【殿様の左遷栄転物語】不本意な褒美を受けた男 吉川広家

吉川元春の三男、吉川広家は関ヶ原の戦いにおいて西軍を裏切り、東軍に味方した武将として知られていますが、彼は主家である毛利家を残すために必死に働いたとも言えます。その後の行動を見るかぎり、広家なりの忠義があったのでしょうね。

【殿様の左遷栄転物語】波乱万丈の再興 木下勝俊と滝川雄利

秀吉の正室・おねの甥である木下勝俊、滝川一益の甥(娘婿とも養子とも)である滝川雄利のふたりも豊臣系ということで改易されましたが、それぞれ大名に復帰しています。

【殿様の左遷栄転物語】コネに救われた2人の大名 新庄直頼と久留島長親

新庄直頼と久留島長親のふたりも大名として復帰を遂げることに成功しています。新庄家は改易時より大きな所領を得、また村上海賊として知られる久留島家は関ヶ原の戦いで西軍に味方しながらも有力者とのコネクションの力で再興しています。

【殿様の左遷栄転物語】本領にこだわり続けた執念 相馬利胤

相馬家も関ヶ原の戦い後に改易となりましたが、当主・相馬利胤は平将門の子孫である名門のプライドを守り、父祖伝来の地に大名として復帰しています。

【殿様の左遷栄転物語】15年を経て再興 岩城貞隆

佐竹義重の息子でもある岩城貞隆は兄・義宣に従ったために改易となります。そこから15年かけて貞隆が大名に復帰するまでには並々ならぬ苦労がありました。

【殿様の左遷栄転物語】米五郎左の息子 丹羽長重

丹羽長秀を父に持つ丹羽長重は受け継いだ123万石を数年で4万石にまで減封され、さらに改易となるなど波乱の人生を歩みますが、江戸時代に入り、なんとかお家再興を果たしました。その背景を見ると前田利長や徳川秀忠など二世大名同士の人脈は大事だなと感じ…

【殿様の左遷栄転物語】天下無敵の勇将 立花宗茂

最初のひとりは西国無双と謳われた立花宗茂です。関ヶ原の戦いで改易された者のうち、旧領を回復した武将は宗茂ただひとりだったのですが、それはなぜか。

【殿様の左遷栄転物語】第1章「天下分け目」のその後で 負けた後こそ正念場

江戸幕府――とくに初期の江戸幕府はさながら人事ドラマのように左遷や栄転が繰り返されました。強固で安定した幕府をつくるためにおこなわれた人事に翻弄された大名たちを見ていきましょう。

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する