攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

榎本秋の「10大戦国大名の実力」

この連載は『10大戦国大名の実力』(SB新書)をベースに、ウェブ連載用に一部修正したものです。

ゼロ年代あたりからの戦国時代ブームもすっかり定着した感があります。
振り返ってみてもビックリなのは、このブームを動かしていたのは従来「歴史ファン」という単語から想像される人々だけではなく、一見、歴史に全く縁がなさそうな女性――人呼んで「歴女」たちの存在があったことです。

ブームの火付け役になったのは、コーエーの『戦国無双』やカプコンの『戦国BASARA』などの戦国時代を舞台にしたゲームや、『風林火山』『天地人』『真田丸』といったやはり戦国時代ものの大河ドラマのヒットでした。近年だと『刀剣乱舞』もそうですね。
おかげでTVではしょっちゅう歴史ネタの番組をやっていますし(かくいう私もその種の番組で取材を受けたことがあります。ひどく緊張してガチガチでした)、書店でも戦国時代を扱った本が山のように積まれているのを見ることができます。ただ、そうした本の多くは戦国武将たちのキャラクター性やエピソードに注目しているものがほとんどだったりします。

面白いところでは、「聖地巡礼」と称して戦国武将ゆかりの史跡や博物館、祭りなどに出かける女性の数がぐっと増えた、というのもあります。コバルト文庫の小説『炎の蜃気楼』のファンや、新撰組のファンなどが同じような行動をするのは以前からよく知られていましたが、それがここまで広まったのは近年のことです。これも、キャラクター性への注目ですね。
一方の私は研究者ではないものの、史跡めぐりが趣味で、本も小説もゲームも「歴史」と名のつくものは一通り触って見るのが信条の歴史ファンです。なにか別の視点から、戦国時代を切り取ることはできないものか――そこで思いついたのが、「家」に注目することでした。

「ローマは一日にして成らず」という言葉があります。同じように、戦国大名の基本構成単位である「家」もまた一日にしては成らない。そこには数百年から千年に及ぶ、綿々たる歴史が隠されているのです。
本連載のコンセプトはその「家」をとっかかりとして、戦国大名の真の姿に迫ろうというものであります。そのためにバラエティに富んだ十家の戦国大名を用意しました。彼らがどのように始まり、どのように戦国時代を迎え、そしてどのような結末を迎えたのでしょうか? それらを紹介する中で、戦国大名の実情が理解出来るような内容を目指しました。

そうしていくつもの「家」を見てきてまざまざと実感させられたのですが、戦国時代の「家」と現代の「企業」にはかなり近い部分があります。どれだけ時が経過しても、人間の作る組織はそうそう変わったりはしない、ということでしょう。
成功する「家」の形、失敗する「家」の形は、そのまま成功する企業の形、失敗する企業の形になります。そうした組織論の部分でも本連載を楽しんでいただければ幸いです。

なお、本連載で「戦国大名」と表記した場合は家や氏などの血族を中心とした武力・政治集団を示し、その頂点にいるリーダーは「当主」と表現します。大名は当主を指す言葉として一般的には使われることが多いのですが、本連載では血族を指す言葉として統一しています。
織田信長や伊達政宗といった傑出した個別の当主の力量のみを論じるのではなく、彼らを輩出した「家」や「血族」などの総体を戦国大名として捉え、読み解いていくのが狙いです。この連載の元になった本のタイトルを『10大戦国大名の実力』としたのも、そのような文脈においてのことでした。
それから、「氏」と「家」の使い分けについては、複数の「家」を含む血族集団を「氏」と表現しました。ご了承願います。

【10大戦国大名の実力】伊達家――地方勢力の栄光と悲哀①

最初は伊達政宗で有名な伊達家です。伊達家は鎌倉以来の名門武家であり、もともとは「いだて」と読んだようです。

【10大戦国大名の実力】戦国大名と「家」の基礎知識

まずは戦国大名とは、大名家とはなんなのかという基本的なところを押さえておきましょう。ぼくらはついつい江戸時代の大名をイメージしがちですが、戦国時代(とくに戦国時代初期)の概念は少しちがっていました。

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する