攻城団ブログ

日本の歴史をまるごと楽しむためのブログ

攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

沼田市で開催中の「上州沼田真田丸展」を見にいってきました

現在、沼田市では「上州沼田真田丸展 〜もうひとつの真田の舞台〜」が開催されています。
七尾市でのプロジェクトの件で、沼田市と県立沼田女子高等学校が共同制作された「歩いてめぐる真田の里 沼田の城下町満喫MAP」についてヒアリングするためにコースケさんと沼田市を訪問してきました。
(こっちのレポートは後日コースケさんに書いてもらいます)

「真田丸」でもたびたび登場する沼田ですし、ぼくはまだいったことがなかったので、「上州沼田真田丸展」のレポートも書きたいからと同行したというわけです。

JR高崎駅まで新幹線で向かい、そこからは水上線に乗り換えです。かわいい車両ですよね。

約40分ほどでJR沼田駅に到着です。

「ブラタモリ」の沼田の回をご覧になった方ならわかると思うんですが、オープニングでタモリさんが立っていた歩道橋です。

奥の山のように見えるのがいわゆる河岸段丘で、その左端あたりに沼田城はありました。

駅前はロータリーがあって、バス(100円)に乗れば市街地までいけます。

が! 日本でも有数の河岸段丘である沼田ですから、せっかくなので歩いてのぼることにしました。

歩いても20分くらいなので山城を攻めることを思えばちょろいもんです。
(めちゃくちゃ汗をかきましたけどね)

交差点で、進行方向に対して横を向いて撮影(進行方向はもちろん右)。序盤からこの角度です。

少しずつ急勾配になっていきます。

写真で角度を伝えるのはなかなかむずかしいのですが、ボールを落としちゃうとかなりの勢いで駅まで転がっていくでしょうね。

さらにのぼります。

この坂は「滝坂」という名前があるそうです。

坂の中腹に近道の階段があります。
素直にここをのぼればよかったんですけど、事前に調べたルートでは直進するように書いてあったので無視しました。

段丘崖に沿って歩きます。

下を見ると、すでにかなりの高低差を感じます。

「日本ロマンチック街道」にぶつかります。
ここからさらに坂をのぼれば市街地にいけます。

ぼくは先に小松姫の墓がある正覚寺に寄りたかったので、そちらに向かわずに直進(斜め右前方)して、ゆるやかなほうの坂をのぼります。

歩道もなく、あきらかに道をまちがった嫌な予感がしてきました。

どうやらここをのぼるようなのですが、どう見てもおかしいです。
ただ、ひとまず進んでみることにします。

すると、意外なことにまちがってはなかったようです。
正覚寺の墓地に出ました。このまま階段をのぼれば目的地までたどり着けそうです。

ありました。

案内板の内容など詳しくは正覚寺の城メモに書きましたので、そちらを読んでください。

kojodan.jp

「ブラタモリ」でも訪問されていたので案内板があるのかと思ったら、「ブラヤモリ」って書いてありますね。
(どうも番組公式の案内ではないみたいです)

小松姫ゆかりの正覚寺
小松姫は幼名を稲姫といい徳川家の重臣、本多忠勝の娘です。上田合戦で真田の軍略を恐れるとともに真田信幸を気に入った徳川家康が自分の養女にして、嫁がせたと言われています。療養のため江戸から草津に向かう途中、武蔵国鴻巣宿で亡くなると、信之は「我が家から光が消えた」と大いに落胆したそうです。小松姫のお墓がある正覚寺から、利根川やJR上越線を眼下に見ることができます。

そのまま駐車場を抜けて、まっすぐ広い道まで出ます。

どうやらこっちが正規の入口のようです。
なので、滝坂の途中にあった階段をのぼって、そのままいったん段丘上に出てからまわるのが正しいルートだったんですね。

段丘の上はほんとうに平地になっていて、駅から1kmも離れてないのにこんなにも景色が変わるというのはびっくりです。

正覚寺から会場の「グリーンベル21」までは歩いて2〜3分です。

訪問したのが9月の平日だったこともあり、空いてました。
でも3月のオープン時は2週間で1万人、1カ月で1万8千人が来場されてたみたいです。

ここはもともとデパート(沼田サティ)だったそうです。

会場内は上田と同じでほとんど撮影不可でした。

チケット売り場に熊本城への募金箱が設置されています。

このエリアだけが撮影オッケーでした。

「みんなで撮ろうよ!」と書いてあります。おこう役の長野さんや秀次役の新納さんも撮影されてますね。

じゃあ撮りますよね。

等身大でもないし、照明もスポットあてすぎててうまいこと撮れない罠がありますが、訪問したらぜひ撮影してみてください。

展示物でいちばんのオススメはこれですね。

あの沼田裁定の回で、片桐且元が秀吉に「長いっ!」とさえぎられちゃった沼田プレゼンの資料が展示されていました。
ほかにもドラマの撮影で大泉さんが着用した信幸の甲冑とかもありましたね。

(空いてたというのもありますが)500円なら十分満喫できる展示内容だったと思います。

帰りはさっきの階段のところを通ったのですが、めちゃくちゃ急でした。

階段もこんな感じです。右側(内側)はもう歩けないと思うんですけどね。

夕方の電車に乗って東京に戻りました。

朝8時くらいに出れば、都内からでも十分日帰りできる距離ですね。
(まあそれが観光業としていいかはさておき)

市役所に伺ったりコースケさんとミーティングをしてたので、けっきょく沼田城(沼田城址公園)にはいけなかったので、攻城記録は次回にお預けです。

kojodan.jp

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する