攻城団ブログ

日本の歴史をまるごと楽しむためのブログ

攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

【鹿児島】鹿児島城跡にある黎明館のジオラマは必見(そしてカフェはおしゃれ)

鹿児島訪問時は雨でしたが、鹿児島城はメインの見学場所が本丸跡に建てられている黎明館なので、ほぼ予定どおり見学することができました。城山(上山城跡)にのぼるのを諦めたくらいかな。

この黎明館は1983年(昭和58年)オープンとかなり古くて、じっさいビデオテープが流れたり展示内容も昭和感があるんですけど、精巧なジオラマが3つもあるので、訪問した日が晴れでも雨でも必ず立ち寄ってほしいです。

f:id:kojodan:20190715235654j:plain

まず最初は志布志城(内城)です。
「群郭式」とも呼ばれる薩摩特有のシラス台地に築かれたお城の特徴がよくわかります。

f:id:kojodan:20190715235722j:plain

f:id:kojodan:20190715235712j:plain

f:id:kojodan:20190715235702j:plain

f:id:kojodan:20190716000611j:plain

つづいて鹿児島城・本丸御殿の模型です。現在建設中の御楼門もありますね。

f:id:kojodan:20190716000208j:plain

f:id:kojodan:20190716000155j:plain

f:id:kojodan:20190716000203j:plain

最後が出水外城(出水麓)です。このジオラマがもっとも巨大です。

「外城」というのは薩摩藩独自のいわゆる支城のことで、一国一城令後にも「外城」と称して地方支配の拠点を設置・運営していました。
こうした外城は薩摩藩内に約100か所あったといわれていますが、中でも肥後国との国境にあったこの出水外城は藩内で最初に築かれた外城であり、またその規模も最大でした。

f:id:kojodan:20190716000759j:plain

f:id:kojodan:20190716000814j:plain

f:id:kojodan:20190716000805j:plain

外城において役人(武士)の住居と陣地を兼ねた町を「麓」と呼び、出水麓には現在も武家屋敷など当時の町並みが残っており、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

おそらく役人が赴任してきたシーンだと思いますが、行列が再現されていますね。

f:id:kojodan:20190716002045j:plain

f:id:kojodan:20190716002033j:plain

f:id:kojodan:20190716002101j:plain

出水麓のことはよく知らなかったのですが(新幹線の駅があるので地名は知っていた)、歴史館があったり公開された武家屋敷もあるようなので一度いってみたいです。

www.izumi-navi.jp

これらのジオラマはすべて写真撮影可なのもうれしいですね。

館内のカフェがすごくおしゃれ

館内に入ってすぐのところにあるカフェ「CHIN JUKAN POTTERY 喫茶室」で休憩したのですが、すごくよかったので紹介しておきます。

f:id:kojodan:20190715235739j:plain

たんかんジュース(400円)が、めちゃくちゃおいしかったです。
(写真を撮り忘れましたが、あんバタートーストも絶品でした)

f:id:kojodan:20190715235744j:plain

工事が終われば、窓の外に御楼門も見えそうですね。

f:id:kojodan:20190715235731j:plain

鹿児島駅から巡回バスで向かいましたが、便利でしたよ。

f:id:kojodan:20190716002904j:plain

kojodan.jp

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する