攻城団ブログ

日本の歴史をまるごと楽しむためのブログ

攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

京都文化博物館の企画展「京の歴史をつなぐ」にいってきました

京都文化博物館で開催されている企画展【ICOM京都大会開催記念】「京の歴史をつなぐ」にいってきました。
これも「百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展」と同様、ICOM(国際博物館会議)京都大会の開催記念イベントのひとつです。

f:id:kojodan:20190918205300j:plain

この企画展もフロア内のすべてを撮影OKでした。素晴らしい。

f:id:kojodan:20190918205357j:plain

羅生門の模型があったり。

f:id:kojodan:20190918200146j:plain

f:id:kojodan:20190918210916j:plain

f:id:kojodan:20190918210941j:plain

出土した瓦が展示されてました。1000年以上も前なのに、こんなにきれいに残ってるんですね。

f:id:kojodan:20190918195914j:plain

ほかにも鳥羽法皇の肖像画とか、院宣とか、東三条殿の屋敷の模型とか、いろいろ展示がありましたが、ぼくがいちばん興奮したのはやっぱりこの「参内図屏風」です。

f:id:kojodan:20190918210252j:plain

f:id:kojodan:20190918200003j:plain

説明を読むと、二条城から御所に向けて進む参内行列を描いているのですが、東福門院和子が入内する様子を描いたと推定されています。
(もしそうならば描かれている二条城も家康が築城した最初の慶長期二条城になる)

f:id:kojodan:20190918200021j:plain

ほかには加藤清正の書状なども展示されてました。
金工職人・後藤家に伝わるもので、後藤家が清正に虎の毛皮を贈ったことを感謝した礼状だそうです。

f:id:kojodan:20190918195946j:plain

f:id:kojodan:20190918195930j:plain

京都に住んでいるので、こういう平安京の図面を見てるだけでも楽しめます。
(うちはこの枠外なんですけど)

f:id:kojodan:20190918211022j:plain

この企画展も9月29日(日)までなのでお早めに!

www.bunpaku.or.jp

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する