攻城団ブログ

日本の歴史をまるごと楽しむためのブログ

攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

「戦国みにまる」のおもしろさについて、shigekiさんに聞いてみました

今回はクラウドファンディングの応援企画です。
現在、コミカルな戦国武将イラストをモチーフとしたオリジナルカードゲーム『戦国みにまる-甲相駿編-』のクラウドファンディングが募集されています。ぼくがどうしてもこのゲームで遊びたい(=クラウドファンディングが実現してくれないと困る)ので、みなさんに紹介させてください。
(今回はメールインタビューです)

f:id:kojodan:20200721114113j:plain

簡単に自己紹介をお願いいたします

shigeki
shigekiと申します。神奈川県在住の42才、会社員です。
ゲーム会社に勤めておりまして、普段はサウンド関連の仕事をしています。
家族は妻と3人の娘がおります。

趣味は作曲と絵を描く事で、幼少の頃から変わっていません。
また、ゲーム会社に努めているくらいですから、もちろんゲームも大好きなのですが、近年注目を浴びているボードゲームやカードゲームにも興味がありました。

また、日本の歴史、特に戦国時代も大好きで、時代劇や大河ドラマを子供の頃からよく見ていましたね。
7年前からは全国の名城を巡るのが趣味で、旅行と称して家族を巻き込んで(笑)、城跡を見に行っています。

そして現在はそんな趣味が高じて?戦国武将をモチーフとしたアナログカードゲーム「戦国みにまる」を趣味で制作しております。
もともと、手軽に遊べる内容で、かつ我々の世代が子供の頃好きだったコミカルテイストで武将のイラストをカードに描いたら自分も楽しめるし、子供とも遊ぶきっかけになるから一石二鳥だというところからスタートしました。
そんな中、カードの試作やイラストをSNSで公開していたのですが、思った以上に反響があり「遊んでみたい!」「欲しい!」というコメントを沢山いただきまして、現在、Fanbeatsさんにクリエイター登録をさせて頂き、クラウドファンディングを立ち上げさせていただくことになりました。

自作アナログカードゲーム「戦国みにまる-甲相駿編-」を皆に遊んでほしい - Fanbeats(ファンコミュニティ・プラットフォーム)

このゲームのオススメポイントを教えてください

shigeki
1つはルールが簡単だというところです。 手札を引いて武将カードや城カードを増やすか、得点となる城カードを場に出すか、他のプレイヤーの城を攻めるかしか基本ありません。
このように、子供でも手軽に遊べる内容になっているので、私の娘3人も今やこのゲームの一番のファンになってくれています。

f:id:kojodan:20200721114059j:plain

また、それだけではなく、各武将カードに描かれている各シンボルマークによって、さまざまな効果がもたらされるのと、武将の組み合わせで起こる特殊ルールも存在しますので、これにより、ただ単純という訳ではなく、戦国時代さながらの駆け引き、読み合いが試される内容となっています!

戦国好きにも、そうでない方にも満足いただけるのではないかと思いますよ。
もう一つは、1人1人の武将カードを、我々の世代が子供の頃好きだったコミカルテイストで描いている、というところではないでしょうか。
何を隠そう、私自身が最終的には全国の名だたる武将をこのテイストで描き続けたい、というところから始まっているので、発端は完全に趣味の自己満ではあるのですが(笑)
今では、SNSで共感してくれる人たちの言葉が何よりの励みになっていて、原動力に繋がっています。

f:id:kojodan:20200721114126j:plain

ご自身でお気に入りの武将イラストは誰でしょう?

shigeki
とてもひとりには絞れないので、3枚紹介させてください!

一つ目は武田家の一条信龍ですね。
一般的にはマイナーな武将かもしれませんが、伊達者にして花麗を好む性質、皆から信頼され、どんなに劣勢でも最後まで戦う姿はとにかくカッコイイ。

f:id:kojodan:20200721114002p:plain



2つ目はこれも武田家の望月千代女です。彼女もとにかく謎が多くミステリアスです。
それにくのいちが嫌いな人はいないでしょう(笑)

f:id:kojodan:20200721114016p:plain



3つ目はパッケージの裏にしか登場しない(今後出るかもしれないですが)「落ち武者くん」です。

f:id:kojodan:20200721114032p:plain


「戦国みにまる」のマスコットキャラとして描きましたが、憎めない感じが良いでしょ?
ちなみに子供たちには不評です(笑)
読者のみなさんへメッセージをお願いします!

shigeki
今回は戦国時代の武田家、今川家、北条家の3つの武家の武将が登場する「-甲相駿編-」となっていますが、今後も続々と武家を追加制作していく予定です。
また、ルールが拡張される「拡張パック」も制作予定ですので、楽しみにしていてください。

今回のクラウドファンディングを成功させ、皆さんにお届けしたいと思っておりますので、ぜひご支援の程をよろしくお願いします。

アナログゲームの良さを存分に詰め込んでいますので、ご家族・お友達とあらたなコミュニケーションツールのひとつとして楽しんでいただければ幸いです。

f:id:kojodan:20200721114045j:plain

お話を伺ってみての感想

shigekiさんのツイッターで「戦国みにまる」の投稿を拝見したときに「めちゃくちゃやってみたい!」と思いました。
それが商品化されると聞いて、クラウドファンディングの成功をぜひ応援させてほしいとこちらから連絡させていただいたのですが、じつはすでにぼくも支援(購入予約)を申し込んでいます。

子どもでも遊べるシンプルなゲームでありながら、お城や武将の名前をおぼえるきっかけにもなるので、攻城団の利用者やこのブログの読者のみなさんにもオススメしたいです。
「子どもと遊んでみたいな」と思われた方はぜひクラウドファンディングで支援してください。ぼくのように子どもがいない場合も甥っ子姪っ子と遊んでもいいし、大人同士で遊ぶのもきっと楽しいと思います。

手元に「戦国みにまる」が届くのは年末になるとのことなので、まだ先の話になりますが、ぼくとしては「攻城団杯」のような大会を開催したいですね。
2個セットを申し込んだのも大会用に最低2個はいるだろうと考えてのことです(あとは参加者で持ってる人に協力をお願いしようかなと考えてます)。

今回は「-甲相駿編-」とのことですが、shigekiさんは今後ほかの地域・武将も予定されてるそうなので、畿内編とか東北編とか九州編とかの登場を期待しています。
あと少しでクラウドファンディングが成立するので、ぼくがこのゲームを遊ぶためにもぜひいっしょにご支援してください!

今回お話を伺ったshigekiさんのツイッターはこちらです。

https://twitter.com/shigekixmini

クラウドファンディングはこちらから支援できます!

fanbeats.jp

ゲームの内容を紹介する動画がアップされたのであわせてご紹介。


アナログカードゲーム「戦国みにまる-甲相駿編-」紹介

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する