攻城団ブログ

日本の歴史をまるごと楽しむためのブログ

攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

【お城の基礎講座】37.埋門(うずみもん)

のイメージ...

城門には、櫓門(やぐらもん)、薬医門(やくいもん)、高麗門(こうらいもん)、棟門(むなもん)、冠木門(かぶきもん)などがありますが、石垣の中に作った埋門(うずみもん)という門もあります。
この門はなかなか珍しいので、今回取り上げてみたいと思います。

ちょこメモ0152-100

埋門(うずみもん)とは

まず、「埋門」と書いて「うずみもん」と読みます
「うずめもん」と読んでしまいそうですが、お間違いのないように。
さて、埋門とは、城の石垣や土塀などの下の方を穴をあけるように抜いてつくった門のことを言います。
つまり、石垣の中に作った城門のこと。
そして埋門には形式により二種類あります。
一つは、石垣を狭く切った間に城門を建てて、その上に土塀を通す形式です。
もう一つは、石垣に穴を開けて通路とし、そこに城門を設ける形式です。
どちらも防御性が非常に高く、裏口や非常口として用いられました。

現存例

埋門の現存例はあまりないため大変貴重です。
そのなかでも、高松城の埋門が特に有名です。

f:id:kojodan:20200809085618p:plain

高松城に現存する埋門。きれいに石垣の中に門が造られている

その他には松代城、和歌山城にも残っているようです。
私もあまり気にして見たことがありませんが、色々な城郭に行った時に埋門がないか探してみるのも楽しいでしょうね。
見つけたら、写真と一緒にレポートしてくれたらうれしいです!

kojodan.jp

まとめ

埋門は特殊な門で。石垣の中に作った門のことを指します。
現存例があまりないため、色々な城郭で埋門がないか探してみると楽しいでしょう。
かつては犬山城にも埋門が二つありました。
ということで、石垣の中に作られた埋門のお話でした。
じゃあね🖐️

このコラムが毎日メールで受け取れます

以下のページからメールマガジン(無料)に登録すれば、このコラムの第1回からメールで読むことができます。

【無料】たかまる。メルマガのご案内

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する