攻城団ブログ

日本の歴史をまるごと楽しむためのブログ

攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

城の建物

今回は建造物についての解説です。お城には天守以外にもたくさんの建物がありました。

城の立地 - 山城・平山城・平城

「お城の基礎講座」第1回は城の立地による分類についての解説です。

明智光秀とお岸ーーあるいは史料と伝説の向こうの家族

光秀の長女「お岸」は最初、荒木村重の息子に嫁いだとされます。村重が謀反を起こした際に離縁となり、その後は親族でもある明智左馬助(明智秀満)に嫁いだのですが、ドラマでもそのへんは描かれそうですね。

【現在331城!】全国の御城印(お城版の御朱印)を販売しているお城の一覧

全国で御城印や御朱印風の登場記念符を配布(販売)しているお城の一覧です。随時更新中で御城印情報がどこよりも詳しくまとまっています。

明智光秀と柴田勝家ーーあるいは一線を引かれた同僚?

光秀と勝家、ともに織田家の重臣同士ではあるものの、意外と接点はなかったのでしょうか。

けっきょく江戸時代に藩はいくつあったのか

江戸時代に存在した藩の数を知りたいだけなのに、見つけることができませんでした。藩の定義から整理していかないとダメなようです。

江戸時代をデータベース化する

江戸時代に存在した藩と、それぞれの歴代藩主について、ぱっと見ただけで全体を把握できるようなデータをつくっています。

公開が再開された二条城にいってきました

今日から公開が再開された二条城を訪問してきました。府民限定ということもあり貸切状態でしたが、ひさしぶりに訪問できてテンションが上がりました!

明智光秀と朝倉義景ーーあるいはあやふやな朝倉家臣伝説

美濃を追われた明智光秀が仕えたとされるのが朝倉義景なのですが、この話はほんとうなのでしょうか。

7.寵臣の出世と末路

最終回はおまけとして、裏道ともいえるイレギュラーな出世を遂げた人物たちを紹介します。田沼意次や柳沢吉保など有名どころから、脇坂安董など通な人物までお楽しみください。

6.譜代大名の懐事情

譜代にかぎらず、江戸時代の大名たちには参勤交代や御手伝普請などの負担が重くのしかかっていました。なかには旅費を工面できずに涙を流した藩主もいたそうです。

5.譜代大名の出世頭「老中」

一部の大名家をのぞいて、譜代大名の出世の最高位は「老中」でした。老中になるためにはいくつかの条件があり、また賄賂なども必要だったようです。

4.出世と譜代大名

幕府に用意されていたさまざまなポストの紹介と、立身出世を目指した譜代大名たちの出世コースについてまとめました。

3.江戸幕府における譜代大名の役割

譜代大名は江戸幕府において重要な役割を占めていました。領地は国内の要所に配置され、また幕政においても要職は原則、譜代大名が就任していました。

2.譜代家臣団の成立

譜代大名といっても徳川家(松平家)にいつの時期から仕えたかによって立場が異なっていたようです。

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する