攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

榎本秋の「江戸時代のお家騒動40選」

この連載は『身につまされる江戸のお家騒動』(朝日新書)をベースに、ウェブ連載用に一部修正したものです。

お家騒動、という言葉をご存知でしょうか。時代劇などでよく題材として登場するので聞いたことがある、という方も多いかもしれません。
言葉の意味を簡単にまとめると、「(特に江戸時代の大名家・諸藩において)一族内部の家督争いや、家臣団の主導権争い・派閥闘争が事件化したもの」ということになるでしょう。
有名なところでは各種フィクションの題材にもなった仙台藩の伊達騒動や、猫化け騒動という伝説を生んだ佐賀鍋島藩の鍋島騒動などがあります。

ほかにも徳川家康の孫にして御三家に続く家格を誇った大名が改易に追い込まれた越前松平家の越前騒動、名君として知られる上杉鷹山や細川重賢が改革を進める中で遭遇した藩内トラブルなど、興味深いケースは数多く存在します。
実は、このような内乱・内紛は別に江戸時代の大名家に絞らずとも歴史上数多く見ることができます。そもそも大名たちの先祖である戦国時代の戦国大名・戦国武将たちは、地域や勢力の主導権をめぐり、あるいは自らの領地を守るために激しく争っていたのですから!

本来の地方支配者である守護が、その補佐役であったはずの守護代や、地付きの小規模武士でしかなかった国人・土豪によって打ち倒される「下剋上」(武力によって主家を打ち倒し、取って代わること)は戦国時代にいくらでも見られた例です。
日本全体を治めていた室町幕府や、名目上はその上にいた朝廷がすっかり力を失って各地で争いが続いていた(そして、大名たちがほかの勢力を押さえ込む一番の近道は幕府や朝廷を担ぎ上げることだった)ことを考えれば、戦国時代とは巨大な「お家騒動」の時代だった、とさえ言えてしまえそうです。

とはいえ、やっぱり「御家騒動」というイメージで出てくるのは江戸時代。そこで、今回から始まる連載では、江戸時代に巻き起こったお家騒動から主要なものをピックアップして紹介します。
しかし漫然と紹介しても意味が薄いため、お家騒動事件を先に紹介した特徴をもとに9つに分けます。

①「江戸幕府=徳川家のお家騒動」というべき江戸時代初期の内紛・政争。
②仙台藩の伊達騒動。お家騒動の特徴を一通り備えたサンプルケースとして紹介する。
③織豊時代から江戸時代初期にかけて、「主家」が入れ替わったケースを紹介。
④大名権力の強化が図られ、お家騒動にならず収まったケース。
⑤大名権力の強化が図られるも失敗し、お家騒動化したケース。
⑥門閥重臣の存在が問題となり、激しい争いに発展したケース。
⑦中央政権である江戸幕府が藩の問題に介入したケース。
⑧藩内部の問題を解決するため、「押込め」が試みられたケース。
⑨成り上がりの改革派と譜代の保守派が対立したケース。

これらのケースそれぞれのお家騒動、すなわち事件を紹介します。

【江戸時代のお家騒動】大村藩の御一門払い 藩内の抵抗勢力を一掃する

在地領主のまま大名として存続した大名家のひとつに大村藩・大村家がありますが、秀吉そして家康に重要な収入源の長崎港を奪われたため、財政難におちいっていました。その解決策として一族の領地を召し上げるというのは幕府との事前交渉なしには実現不可能…

【江戸時代のお家騒動】④災い転じて大名権力を強化する

右腕となる有能な部下にトップの座を奪われるというのは現代でも企業や政治のなかで見られますが、状況が変わったからとはいえ勝手な都合で排除される部下にしてみればたまったものではないですよね。

【江戸時代のお家騒動】大谷吉継による家臣団継承 越前国5万石の民生安定

大谷吉継といえば人気武将のひとりですが、彼が敦賀2万石(のちに加増され5万石)の大名となったとき、断絶した前城主・蜂屋頼隆の家臣を引き継いだそうです。居抜きで大名となった珍しい例ですね。

【江戸時代のお家騒動】有馬氏の出世 騒動を起こさずに主家を吸収合併

戦国時代、江戸時代に出世するにはまずもって本人の実力が必要なのですが、それ以上に運も重要です。有馬豊氏は名門の血筋でありつつ、さらに大きな運も持っていたようですね。

【江戸時代のお家騒動】鍋島騒動「猫化け話」に象徴される龍造寺家の悲劇

佐賀城にいくとこの「化け猫(猫化け)騒動」についてガイドさんが話してくれます。話を聞くかぎり、理不尽に恨まれた鍋島家はかわいそうだなと思うのですが、歌舞伎の題材になるほど広まるとは誰も思わなかったでしょうね。

【江戸時代のお家騒動】暗君に代わって主家を奪取する!

お家騒動のパターンのひとつに、「主家異動パターン」があります。もっとも有名なのは龍造寺氏と藩主の座を交代した鍋島騒動ですが、ほかにも例があるそうです。

【江戸時代のお家騒動】伊達騒動 バカ殿の押込め、守旧派 vs 革新派、幕府介入

伊達政宗の孫・綱宗の時代に起きたのが有名な伊達騒動です。綱宗はかなり破天荒な藩主だったようですが、彼が隠居したあとの権力争いが刃傷沙汰にまで発展してしまします。

【江戸時代のお家騒動】何でもあり! 江戸期最大のお家騒動「伊達騒動」

今回は小休止です。お家騒動が悩ましいのは単純に善悪で整理できない点にあります。勝ったほうが正しいかというとそうでもなく、むしろどっちが勝っても藩の弱体化につながるケースが大半であることが悲劇ですよね。

【江戸時代のお家騒動】宇都宮釣天井事件ーー秀忠派が長安事件の復讐を果たす?

出る杭は打たれるといいますが、濡れ衣に近い処罰を受けたのが本多正純です。釣天井の事実などなかったのに「宇都宮釣天井事件」と後世にまで語られるのは不憫ですね。

【江戸時代のお家騒動】里見騒動ーー大久保長安事件のとばっちりと見せしめの改易

前回の大久保長安事件の余波のひとつが里見家の改易です(表向きは移封)。その背景として「大坂の陣」に向けての見せしめと、江戸に近い外様大名を排除したいという幕府の狙いがあったようです。

【江戸時代のお家騒動】大久保長安事件ーー幕府中枢の権力闘争が原因?

大久保長安事件はまだ家康が存命中に起きた幕府による粛清事件ですが、その背景には長安を庇護する大久保忠隣と本多正信の派閥争いや遺恨があったようです。大久保家は御家断絶は免れたものの、ここから全国を転々とするんですよね。

【江戸時代のお家騒動】江戸幕府=徳川家内の激烈な生き残り闘争

初期の江戸幕府の不安定さの要因として、幕府自ら強権的に大名に圧力をかけていったことと、家康から秀忠への(とくに大御所・家康死去後の)権力構造の変化にともなう派閥争いがあります。出る杭は打たれる、というのは現代でもよくあることですが、命や家…

【江戸時代のお家騒動】江戸時代お家騒動、3つの特徴

江戸時代に各大名家で起きた多くのお家騒動はおおよそ3つの特徴があるそうです。武力衝突ではなく政治闘争であることや、幕府の介入がしばしばあったことなど、お家騒動の顛末を見る上でのポイントを整理してもらいました。

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する