攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

榎本秋の「戦国軍師入門」

この連載は『戦国軍師入門』(幻冬舎新書)をベースに、ウェブ連載用に一部修正したものです。

軍師の活躍とはどのようなものだったのでしょうか?
多数を少数で破った派手な話から、地道な努力の積み重ねに始まる地味な話まで、じつに多くの逸話が戦国時代に残っています。
そんな中、ふたりの名将とそれに従う2ふたりの名軍師が知略を戦わせた、実にド派手な合戦の物語があるのをご存知でしょうか。それは「第4次川中島の戦い」――甲斐の名将・武田信玄と越後の軍神・上杉謙信が信濃を巡って川中島で繰り返した戦いの四度日、さまざまな伝説で彩られた合戦のことです。

この戦いにおいて謙信は妻女山に陣取り、対する信玄は海津城に兵を置きました。そして、まず動いたのは信玄でした。軍師・山本勘助が提案した「啄木鳥(きつつき)作戦」により、別働隊を派遣して妻女山の上杉軍を山の下に攻め落とし、そこを自分の率いる本隊で迎え撃とうと企んだのです。
ところが、霧の立ちこめる中、待ちかまえていた武田本隊の前に現れたのは、準備万端の上杉軍でした。なんと謙信の軍師・宇佐美駿河守は勘助の作戦を完全に読み切り、先手を打って兵力を分割した武田軍を各個撃破しようと企んだのです。

勢いに乗る上杉軍は武田軍を圧倒します。
とくに謙信は自ら馬を駆って武田本陣に攻め込み、信玄と一騎打ちまで演じてみせましたが、そこに援軍が到着します。作戦を逆手に取られたことに気付いた勘助たち別働隊が急ぎ妻女山を経由して駆け付けたのです。
さて、戦いの決着はいかに――。

この「第4次川中島の合戦」における流れは信憑性が乏しく、両軍の軍師もじつは実在が危ぶまれているのですが、大河ドラマなどでも取り上げられたため、ご存知の方も多いと思います。
では、彼ら軍師たちの活躍は他にどのようなものがあったのでしょうか?
そもそも軍師とはいったいどんな存在で、後世の私たちが持つイメージは本当に正しいのでしょうか?

軍師たちが活躍した戦国時代は、日本の各地で大小さまざまな勢力争いが起きていた戦乱の時代です。
鎌倉時代以前から力を持っていた公家や寺社という旧勢力と、鎌倉時代・室町時代と武家政権の時代を経るにしたがって力を蓄えてきた武士が激突し、最終的に武家による絶対的な支配政権である江戸幕府が誕生したのがこの時代でした。だから、武士や公家・僧侶だけでなく、さまざまな身分の者たちが活躍して、とても魅力的な時代です。
そんな戦国時代を「軍師」というキーワードで読み解いていきましょう。

現代の資本主義社会が「武力を用いるかどうか」という点を抜かすと、じっさいに行われていることは戦国時代にとても近いと言ったら驚かれますか?
でも、会社の売り上げを増やし、コストカットと組織のシステム作りを行い、拠点を増やしていくというのは、戦国大名が、城(拠点)を増やし、経済活動を行い、家臣団を整備していくことと、本質的には同じことなのです。

また、大名は企業グループの総帥、というように見ることもできます。その下に大小さまざまな企業が傘下として加わっている様は、大名の下に有力な豪族や将が従っているのとよく似ています。
以上のようなことを視野に入れつつ、戦国時代の勢力構造の中で軍師たちがどのように生きて、そして活躍したのかを見ていくことにしましょう。

本連載は全体で3つの内容を追っていきます。
まずは、そもそも軍師とは何者か? そして、戦国時代の勢力とはどうなりたっていたのか? ということを説明します。
次に、戦国時代の花形であり、勢力拡張の主要な手段だった合戦の中でも、とくに軍師が主導的な役割を果たしたものを紹介します。
最後に、実際にどんな軍師がいて、彼らはどんな活躍をして、どんな生涯をすごしたのかの実例を見ていきましょう。

【戦国軍師入門】九頭竜川大会戦――30倍の勢力差を逆転

朝倉宗滴の名で知られる朝倉教景は一族の軍師として、各地を転戦し武名を轟かせていました。

【戦国軍師入門】安祥城の戦い――軍師僧・太原雪斎の交渉術

名軍師・太原雪斎のエピソードは多々ありますが、軍事と外交の両面での才能が際立っているのがこの竹千代を取り戻した一連の軍事行動ですね。

【戦国軍師入門】6.占い、勝利祈願をする軍師と、僧侶身分を活用した軍師

軍師には祈祷師や僧侶などさまざまなタイプの者がいました。彼らは知識や交渉でもって味方に有利な状況をつくり勝利に貢献しました。

【戦国軍師入門】5.戦わずして勝つ、軍師の手腕

戦に勝つために軍師が果たした役割についての解説です。戦う前に勝敗を決するような状況をつくることが有能な軍師には求められました。

【戦国軍師入門】4.「戦略」と「戦術」の違い

戦国大名は相手に勝つために、少なくとも負けないために、事前に「戦略」を構想し、「戦術」を駆使しました。とくにその才能があったのが織田信長です。

【戦国軍師入門】3.戦国大名以外の勢力

黒田俊雄先生の権門体制論によれば、中世は幕府を頂点とする「武家」のほか、天皇家・摂関家をはじめとする「公家」、寺社(寺家・社家)など複数の権門勢力があったとされます。さらに鉄砲など諸外国の影響も大きなものでした。

【戦国軍師入門】2.上への忠誠より一族の保護

守護や豪族などから大名として勢力を拡大していった者たちはさまざまな方法で周囲の豪族や、一族内での争いを収め、自らの権力基盤を確立していきました。

【戦国軍師入門】1.戦国軍師とは何者か?

軍師の役割について理解する前に、まずは戦国時代の武士勢力のあり方と合戦の仕組みについて紹介します。

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する