攻城団ブログ

日本の歴史をまるごと楽しむためのブログ

攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

榎本秋の「戦国を彩る名軍師たち」

榎本秋先生による戦国時代を代表する名軍師を紹介するコラムです。

軍師は、軍中において君主や将軍の戦略指揮を助ける職務をつとめる顧問的な立場の者のことです。
日本ではとくに「軍師」という役職はなく、陰陽道の影響を受けた占星術、易などの占術を学び、合戦における縁起担ぎを取り計らう軍配者がその位置にあったとされます。

「軍師」という役職は江戸時代に入り、戦国大名が戦場で用いた戦法を研究する学問として軍学が生まれた結果、軍学者によって当時の軍配者が称賛され、また戦国時代の合戦を取り上げた軍記物が出版される中で彼らが名参謀として描かれていく中で、一般に広まっていったようです。

著名な軍師としては、武田信玄に仕えた山本勘助、上杉謙信に仕えた宇佐美定行、今川義元に仕えた太原雪斎、大友宗麟に仕えた立花道雪、豊臣秀吉に仕えた竹中半兵衛や黒田官兵衛などが挙げられます。
このコラムでは彼らひとり一人の生涯にスポットをあて、どのように主君を助け、また自らの立身出世を目指したのかを紹介していきます。

【戦国を彩る名軍師たち】才覚のあまり主君に討たれた太田道灌

太田道灌というと「享徳の乱」や「長尾景春の乱」で八面六臂の活躍をしたので軍事の天才の印象が強いですが、それだけでなく学者としても一流だったようですね。

【戦国を彩る名軍師たち】三成に過ぎたるものが二つあり――島清興

「治部少(三成)に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城」と謳われた島左近は「関ヶ原の戦い」で討死したとされますが、生き延びた説もあるようですね。

【戦国を彩る名軍師たち】信長に軍師がいた!? 沢彦宗恩

沢彦というと「岐阜」の命名者として知られていますが、「天下布武」というスローガンの発案者でもあります。

【戦国を彩る名軍師たち】東海一の弓取りを育て、支えた軍師・太原雪斎

今川義元、徳川家康という才能を育て、武田信玄、北条氏康という大大名とわたりあい「甲相駿三国同盟」を成立させた太原雪斎はもっともスケールの大きい軍師かもしれませんね。

【戦国を彩る名軍師たち】毛利を背負って立った安国寺恵瓊

毛利氏に仕えた使僧(外交僧)で、その後は豊臣政権の中枢で活躍した安国寺恵瓊を紹介します。

【戦国を彩る名軍師たち】占いで活躍した軍師? 閑室元佶

「関ヶ原の戦い」の際、徳川家康の陣中に随行して合戦日時の吉凶を占った、閑室元佶というお坊さんも立派な軍師なのです。

【戦国を彩る名軍師たち】秘伝を焼いてしまった軍配者・角隈石宗

大友宗麟に仕えた、知る人ぞ知る名軍師、角隈石宗をご紹介します。

【戦国を彩る名軍師たち】実は外交・交渉で活躍した蜂須賀正勝

蜂須賀小六というとなんとなく毛むくじゃらで大柄なおじさんのイメージがありますが、調略などを担当する外交官としてかなり優秀だったようですね。

【戦国を彩る名軍師たち】本多正信と徳川家康の「水魚」関係

徳川家康と本多正信の関係はまさに「水魚の交わり」といった感じですね。「真田丸」のシーンが浮かびます。

【戦国を彩る名軍師たち】独眼龍に助言を与え続けた片倉景綱

伊達政宗の右腕、片倉小十郎の通称で知られる片倉景綱がいなければ政宗の躍進はなかったでしょうね。

【戦国を彩る名軍師たち】野心に生きた軍師・黒田官兵衛

竹中半兵衛と並ぶ「秀吉の両兵衛」、黒田官兵衛は大河ドラマにもなったので有名ですね。

【戦国を彩る名軍師たち】夭折の天才軍師・竹中半兵衛

戦国時代における天才軍師というと、おそらくナンバーワンの人気を誇るのがこの竹中半兵衛ではないでしょうか。

【戦国を彩る名軍師たち】実在か? 創作か? 山本勘助

武田信玄の軍師をつとめた山本勘助は誰もが名前を知りながら、謎の多い人物でもあります。

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する