攻城団ブログ

日本の歴史をまるごと楽しむためのブログ

攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

榎本秋の「明智光秀と麒麟たち」

榎本秋先生によるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」をより深く楽しむためのコラムです。

この連載は明智光秀とかかわりのあった同時代の人物に焦点をあてて、毎週ひとりずつ紹介していきます。それぞれが大なり小なり光秀の人生に影響を与えたわけですが、彼らを通じて明智光秀というひとりの武将の実像に迫っていければと思います。

明智光秀と明智秀満(左馬助)――あるいは信頼の証の婚姻

明智秀満は福知山城主をつとめ、本能寺襲撃の際は先鋒をつとめるなど明智家の重臣として活躍しますが、やはり光秀と同様に出自が定かではないようです。

明智光秀と今川義元――あるいは貶められたイメージ

今川義元も明智光秀も文武にすぐれており、共通点がかなりありますね。また義元は信長に敗れ、光秀も秀吉に敗れたことで評価が低くなるなど、ふたりのイメージが形成された背景にも意外と似た点が多そうです。

明智光秀と煕子――あるいは「大河ドラマも内助の功」?

夫は妻の葬儀には出ないという当時の風習をやぶり、光秀は煕子の葬儀に参列したと伝わるほど、夫婦仲は良かったそうです。

明智光秀と徳川家康ーーあるいは本能寺の引き金

明智光秀と徳川家康はおそらくかなりのやり取りがあったと思うのですが、史実ではいつ最初に出会っていたんでしょうね。越前攻めでは撤退戦だけじゃなく、若狭に入った際に熊川宿にともに泊まってるので飲んで語り合ったりしたのでしょうか。

明智光秀と明智牧ーーあるいは創作に語られる「母」

もし光秀の母が武田義統の妹であれば、光秀は越前ではなく若狭を頼っただろうし、お牧の方についてのエピソードは八上城への人質の話といい、ほとんどすべて創作だと思われます。

明智光秀と明智光安ーーあるいは戦国武将の死にざま、生きざま

明智光安は明智光秀の父とされる光綱が亡くなると光秀の後見人をつとめていましたが、この当時の美濃の状況、さらには斎藤家の親子間の対立を考えると、かなりむずかしい立場だったでしょうね。

明智光秀と松永久秀――あるいは似た者同士

明智光秀と松永久秀には共通点が多いという解説です。たしかに無名の存在から時の天下人(三好長慶、織田信長)の右腕にまでのし上がったという点では似てますね。

明智光秀と細川藤孝――あるいは立場の違う同僚

明智光秀にとっての細川藤孝はかつての上司や同僚でありつつも、最終的には自分のほうが出世したことや、子どもらが結婚したことで複雑な関係になりましたね。この立場の逆転が「本能寺の変」における藤孝の判断に影響を与えたのでしょうか。

明智光秀と斎藤義龍ーーあるいは道三とのつながりの謎

ドラマでは光秀と学友として登場している斎藤義龍ですが史実ではどのような関係だったのでしょうか。また斎藤道三の実の子どもだったのかについても解説していただいています。

明智光秀と帰蝶(濃姫)ーーあるいは歴史の陰の女

のちに織田信長に嫁いだ帰蝶(濃姫)は明智光秀のいとこ説があります。光秀が信長に仕える手助けをしたのが帰蝶なのでしょうか。

明智光秀と斎藤道三ーーあるいは伝説に語られた男たち

ドラマでは光秀に「ケチくさい」と非難され、松永久秀が敬愛すると語った斎藤道三とはどんな人物だったのでしょうか。

明智光秀と明智氏、あるいは「歴史に埋もれたものたち」

初回は明智光秀の一族である明智氏について解説していただきます。現時点ではいつどこで生まれたかわからない光秀ですが、ドラマでは美濃の出身として描かれます。

明智光秀と織田信長、あるいは「逆算された光秀」

明智光秀にとってもっとも関わりの深い人物といえば、やはり織田信長でしょう。光秀を歴史の表舞台に引き上げ、そして「本能寺の変」により逆臣・謀反人の汚名を着せられることになるふたりの関係は今回のドラマでも必見です。

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する