攻城団ブログ

日本の歴史をまるごと楽しむためのブログ

攻城団ブログ

お城や戦国時代に関するいろんな話題をお届けしていきます!

榎本秋の「明智光秀と麒麟たち」

榎本秋先生によるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」をより深く楽しむためのコラムです。

この連載は明智光秀とかかわりのあった同時代の人物に焦点をあてて、毎週ひとりずつ紹介していきます。それぞれが大なり小なり光秀の人生に影響を与えたわけですが、彼らを通じて明智光秀というひとりの武将の実像に迫っていければと思います。

斎藤道三と高政の関係が怪しくなっていた頃、信濃は武田信玄の手に落ちようとしていた

明智光秀が斎藤家に仕えていた頃、美濃から東にある信濃・甲斐では武田信玄の勢力が拡大しつつありました。信玄が越後の上杉謙信と戦った「川中島の戦い」のうち山本勘助らが討死したのは四度目(=永禄4年)で、これは「桶狭間の戦い(永禄3年)」の翌年に…

斎藤道三と高政の親子がギスギスしていた頃、関東では北条家が圧倒的優位に立っていた

明智光秀が主君・斎藤道三と学友・高政の間で板挟みになっていた頃、関東地方では北条氏の勢力が一気に拡大しようとしていました。

明智光秀が京都から東海各地をウロウロしていた頃、東北では内戦が終わろうとしていた

明智光秀が美濃にいた頃、東北地方では伊達家の内乱がちょうど収束した頃でした。

明智光秀と織田信忠ーーあるいは二条御所篭城戦の謎

「本能寺の変」で織田信長が討たれたとき、すでに織田家の家督は嫡男の信忠(幼名「奇妙丸」)に譲られていました。この変わった名前も謎ですが、なぜ明智光秀は本能寺と同時に信忠がいた妙覚寺を包囲しなかったのかがわからないんですよね。謀反の計画とし…

明智光秀とお岸ーーあるいは史料と伝説の向こうの家族

光秀の長女「お岸」は最初、荒木村重の息子に嫁いだとされます。村重が謀反を起こした際に離縁となり、その後は親族でもある明智左馬助(明智秀満)に嫁いだのですが、ドラマでもそのへんは描かれそうですね。

明智光秀と柴田勝家ーーあるいは一線を引かれた同僚?

光秀と勝家、ともに織田家の重臣同士ではあるものの、意外と接点はなかったのでしょうか。

明智光秀と朝倉義景ーーあるいはあやふやな朝倉家臣伝説

美濃を追われた明智光秀が仕えたとされるのが朝倉義景なのですが、この話はほんとうなのでしょうか。

明智光秀と藤田伝五ーーあるいは共に近江生まれ?

藤田伝吾は「多聞院日記」によれば筒井順慶との取次役だったとされ、また別の史料「蓮成院記録」によれば明智姓を与えられ、光秀が死んだときに伝吾も自害したそうです。

明智光秀と太原雪斎――あるいは光秀と軍師

今川義元、徳川家康とふたりの偉大な戦国大名を育てた太原雪斎はこの時代、屈指の軍師ともいわれています。軍師といえば、秀吉には竹中半兵衛や黒田官兵衛といった軍師がいたのに、光秀にはいなかったのでしょうか。

明智光秀と足利義輝――あるいは幻の主従関係

足利義輝は剣豪・塚原卜伝から指導を受けた直弟子であり「剣豪将軍」ともいわれますが、個人の武威だけでは乱世を治めることはできなかったようです。なお彼はわずか11歳で将軍職についていますが、父・義晴とともに何度も坂本や朽木谷に逃げており、将軍宣…

明智光秀と稲葉一鉄――あるいは光秀謀反の引き金を引いた男?

すでにドラマでは斎藤義龍とともに反・道三の中心的人物になっている稲葉一鉄ですが、父と5人の兄たちが全員そろって浅井亮政との戦いで討死したため、急遽還俗して稲葉家を継ぎます。なお幼少時は快川紹喜のもとで学んでいたともいわれ、もしそれが事実なら…

明智光秀と羽柴秀吉――あるいは「二人の余所者」

ドラマの最後を彩るはずの好敵手がついに登場です。ふたりは若い頃に各地を放浪し、また織田家に仕えると譜代の家臣をごぼう抜きしていくなど共通点が多いです。これからのドラマがますます楽しみになりましたね。

明智光秀と明智秀満(左馬助)――あるいは信頼の証の婚姻

明智秀満は福知山城主をつとめ、本能寺襲撃の際は先鋒をつとめるなど明智家の重臣として活躍しますが、やはり光秀と同様に出自が定かではないようです。

明智光秀と今川義元――あるいは貶められたイメージ

今川義元も明智光秀も文武にすぐれており、共通点がかなりありますね。また義元は信長に敗れ、光秀も秀吉に敗れたことで評価が低くなるなど、ふたりのイメージが形成された背景にも意外と似た点が多そうです。

明智光秀と煕子――あるいは「大河ドラマも内助の功」?

夫は妻の葬儀には出ないという当時の風習をやぶり、光秀は煕子の葬儀に参列したと伝わるほど、夫婦仲は良かったそうです。

明智光秀と徳川家康ーーあるいは本能寺の引き金

明智光秀と徳川家康はおそらくかなりのやり取りがあったと思うのですが、史実ではいつ最初に出会っていたんでしょうね。越前攻めでは撤退戦だけじゃなく、若狭に入った際に熊川宿にともに泊まってるので飲んで語り合ったりしたのでしょうか。

明智光秀と明智牧ーーあるいは創作に語られる「母」

もし光秀の母が武田義統の妹であれば、光秀は越前ではなく若狭を頼っただろうし、お牧の方についてのエピソードは八上城への人質の話といい、ほとんどすべて創作だと思われます。

明智光秀と明智光安ーーあるいは戦国武将の死にざま、生きざま

明智光安は明智光秀の父とされる光綱が亡くなると光秀の後見人をつとめていましたが、この当時の美濃の状況、さらには斎藤家の親子間の対立を考えると、かなりむずかしい立場だったでしょうね。

明智光秀と松永久秀――あるいは似た者同士

明智光秀と松永久秀には共通点が多いという解説です。たしかに無名の存在から時の天下人(三好長慶、織田信長)の右腕にまでのし上がったという点では似てますね。

明智光秀と細川藤孝――あるいは立場の違う同僚

明智光秀にとっての細川藤孝はかつての上司や同僚でありつつも、最終的には自分のほうが出世したことや、子どもらが結婚したことで複雑な関係になりましたね。この立場の逆転が「本能寺の変」における藤孝の判断に影響を与えたのでしょうか。

明智光秀と斎藤義龍ーーあるいは道三とのつながりの謎

ドラマでは光秀と学友として登場している斎藤義龍ですが史実ではどのような関係だったのでしょうか。また斎藤道三の実の子どもだったのかについても解説していただいています。

明智光秀と帰蝶(濃姫)ーーあるいは歴史の陰の女

のちに織田信長に嫁いだ帰蝶(濃姫)は明智光秀のいとこ説があります。光秀が信長に仕える手助けをしたのが帰蝶なのでしょうか。

明智光秀と斎藤道三ーーあるいは伝説に語られた男たち

ドラマでは光秀に「ケチくさい」と非難され、松永久秀が敬愛すると語った斎藤道三とはどんな人物だったのでしょうか。

明智光秀と明智氏、あるいは「歴史に埋もれたものたち」

初回は明智光秀の一族である明智氏について解説していただきます。現時点ではいつどこで生まれたかわからない光秀ですが、ドラマでは美濃の出身として描かれます。

明智光秀と織田信長、あるいは「逆算された光秀」

明智光秀にとってもっとも関わりの深い人物といえば、やはり織田信長でしょう。光秀を歴史の表舞台に引き上げ、そして「本能寺の変」により逆臣・謀反人の汚名を着せられることになるふたりの関係は今回のドラマでも必見です。

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する